専業主婦カードローン 専業主婦と総量規制

専業主婦と総量規制

専業主婦の方でも、時にはお金が必要になることもあります。家庭のことだけでなくいろんな事情で急にお金が欲しい時に、どうしたらよいのかわからない・・・という人も多いでしょう。

 

全く収入のない専業主婦の方でも、お金を借りることができます。パートなどで収入のある方のように、どこででも簡単にお金が借りられるというわけではなく、条件や制限がある場合があります。
専業主婦の方がお金を借りる際には、専業主婦と総量規制の関係を考慮しなければいけません

 

 

総量規制というのは、平成22年から実施されているもので、お金を借りる際の金額に制限を設けているものです。ただし、この総量規制は銀行など銀行業では適用されず貸金業者に適用されるものなので、銀行のカードローンなどには影響はありません。消費者金融などの貸金業者でお金を借りる際にはいろんな制約があるというものです。

 

総量規制によって、専業主婦の方のように本人に収入がない場合には借り入れをすることができなくなりました。ただし、配偶者の同意書や配偶者との夫婦関係が証明できる書類があれば、配偶者の年収の3分の1までの金額であれば借り入れができます。つまり、専業主婦の方が消費者金融でお金を借りる際には、旦那様に内緒で借り入れをすることは不可能です。かならず証明書などの提出が必要になります。手続きなどが面倒になってしまったために、収入のない専業主婦にお金を貸さない消費者金融も出てきています。
ただ、レディースローンなどの女性専用の一部の消費者金融などでは、専業主婦への借り入れを行っています。専業主婦がお金を借り入れたい場合に、一番簡単な方法は総量規制の影響を受けない銀行で借り入れをすることです。銀行のカードローンであれば、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類などの提出が不要です。専業主婦が借り入れができる金額には制限がありますし、審査も厳しくなっていますが、銀行であるという安心感やわりと金利が低めに設定されているというメリットもあるのでおすすめです。